スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

    MT-07 バックステップ

    昨年からずっと放置中だったバックステップを装着しました。

    IMG_0092.jpg
    半ば衝動買いだったもんで、「ノーマルでもそこまで悪くないし・・・」と装着を渋ってましたが、やっぱ不用意に寝かすとバンクセンサー擦る(というか路面に派手に叩きつける(^^;)のが怖くて装着しました。

    ノーマルステップの、割となんでもアリな「謎ポジション」も嫌いでないですし、丁寧に寝かせばそうそうバンクセンサーを擦ることもないんですが、せっかく買ったんだしセンサー外すだけよりいいかってことで重い腰をあげました。

    で、物はアマゾン等で安くでてる中華コピー品。ロゴマーク以外、〇verの完全コピーです。
    というか恐らく本物ではないかと思われます。昔から良くある、「なぜか発注数より多目に製作され、余ったものは別の箱とロゴで勝手に販売される」ってやつではないかと(^^;

    作り(精度)は悪くありません。恐らく本物とまったく同じ加工機のデータで作ってるんだと想像します。
    ただし取り付け等の説明書は殆どありません。ぺら紙一枚と部品が送られてくるだけです。
    なお、取り付けについては非常に丁寧に解説してくれているサイトがあるので、詳細を割愛します(^^; (検索すれば簡単に見つかります)

    送られてきた段階でネジ類はまともに締まってません。一見、締まってるように見えても、一度バラして(できればネジロックつけて)組み直すことをお勧めします。
    IMG_0090.jpg
    (ステップ本体は19㎜のスパナで掴めます)

    余談ですが、色々締まってなかったもんでつい・・・ブレーキ側のM5のボルトを締めすぎて、雌ネジを破壊しました(^^;
    アルミなんで無茶はいけません。
    ヘリサート(リコイル)は明らかに穴深さが足りなかったので、ドリルでφ6の貫通穴にしてM5x20のボルトナットで固定しました。
    IMG_0095.jpg
    IMG_0098.jpg
    (赤丸部)

    派手に「バック」ステップにする必要はなかったので、ステップの位置は一番膝の曲がりがマシであろう前下にしています。
    この位置だと、正直、バックステップというにはかなり物足りなくて、「ノーマルがこの位置でもええんでない?」といった程度となります。
    長距離は走っていませんが、恐らく、ノーマルに比べてひどく窮屈になることはないと思われます。


    以下、膝の曲がり具合です。先ずはノーマルステップ。

    乗車位置は普通(やや前寄り)、ステップは土踏まず付近。(街乗り姿勢)
    IMG_0080.jpg

    乗車位置は普通(やや前寄り)、ステップは親指の付け根付近。(軽く走る感じ)
    IMG_0081.jpg

    乗車位置はやや後ろ寄り、ステップは土踏まず付近。(お山でのシフト操作時等)
    IMG_0084.jpg
    この角度、一見楽そうですが伏せると明らかにアンバランスです。

    乗車位置はやや後ろ寄り、ステップは親指の付け根付近。(尻ズラす感じ)
    IMG_0083.jpg
    やっぱアンバランスかも(^^;

    続いてバックステップ装着時。

    乗車位置は普通(やや前寄り)、ステップは土踏まず付近。(街乗り姿勢)
    IMG_0085.jpg
    ノーマルステップ時より少し後ろに座ってるかもしれません。膝の曲がりは殆ど変化を感じないレベルです。

    乗車位置は普通(やや前寄り)、ステップは親指の付け根付近。(軽く走る感じ)
    IMG_0086.jpg

    乗車位置はやや後ろ寄り、ステップは土踏まず付近。(お山でのシフト操作時等)
    IMG_0087.jpg
    ノーマルに比べると自然な感じがします。

    乗車位置はやや後ろ寄り、ステップは親指の付け根付近。(尻ズラす感じ)
    IMG_0088.jpg
    同じく、ノーマルより踏ん張りが効きそうです。

    おまけで、街乗り姿勢でまっすぐ足を下してもステップに当たらなくなります。ステップとペダルの間に足が入る感じ。
    IMG_0089.jpg
    足付きは良くなります。
    もともとそれほど悪いわけではありませんが、女性で背の低い場合は、足付き性の改善として結構良いカスタムかもしれません。
    スポンサーサイト

    125 Duke パンク(未遂)

    数年ぶりに気持ちよくクギ踏んじゃいました・・・と思ったらそうでもなかったという話で、特にオチはありません(^^;

    すでに2週間ほど前のことですが、会社帰りに走り出すとリアから明らかな異音が。
    すぐに止めて確認すると、気持ちよく刺さっておりました(^^;
    IMG_3743.jpg

    その日は125Dukeは置いて帰り、翌日、パンク修理キットを持参してクギを引き抜いてみると・・・
    IMG_3744.jpg
    クギではなく恐らくは割ピンの成れの果てのようで、タイヤに刺さった深さは5㎜弱です。
    刺さったところはタイヤセンターで比較的ゴムの厚いところですし、残り溝深さからみても恐らくはカーカスに達していません。
    IMG_3745.jpg
    修理すべきかしないべきか、昼休みの駐車場で一人悩んでました。地面に座り込んでジッとタイヤを見つめる姿は結構微妙だったかもしれません(^^;

    それなりにデカい穴ですし、修理するつもりで準備してます。余程下手しない限りは修理して問題になることはないので、理屈からすると修理すべきなんですが・・・「メンドクサイし、高速走らないし。まあえーか、様子見よ」ってことで放置に決定しました(^^;

    その後、2週間ほど通勤に使ってますが、今のところエアの抜けはありません。穴が広がる、避けてくる等の症状もないので、通勤レベルであれば問題なさそうです。(峠で走り込む際は要確認)

    MT-07 サスセッティング

    昨年末のことですが、なぜか衝動的にバックステップを買ってしまいました(^^;
    中華製の廉価版ですが、評判は悪くなさそうだったのでつい・・・正直、ノーマルのステップ位置は変ですが、足の曲がりも楽で疲れませんしケツをどこに置いてもそれなりに許容できる感じで悪くないと思ってます。
    「んじゃバックステップなんていらんでしょ?」ってとこなんですが、値段につられての衝動買いです(^^;

    てな訳で、バックステップはまだ装着していませんが、バックステップ入れたら車高下がる方向にサスセッティング振ってもバンクセンサーとか気にしなくてもいいし、思い切ってプリロードを抜いてみようってことで、セオリー通り、フロント、リアともプリロードを最弱にしようとすると・・・

    まずフロント。
    Burritoとセットのプリロードアジャスターですが、改めて全開に緩めてみると左右で結構長さ(出シロ)が違う。
    全緩めから全締めまでの回転数を測ってみると、乗車位置からみて右に付けた方が11回転、左が12.5回転。
    右側がどっかに引っかかってるのかと思って、レンチを使って軽くトルクを掛けると・・・「グリ」っという感触と共にアジャスターがどこまでも緩むようになりました(^^;
    何かが吹っ飛んだと判断してアジャスターをバラシてみると・・・
    IMG_3694.jpg
    止め輪が飛んでました(^^; 母材がアルミで掛かり代も少ないため、レンチを掛けて回したりすると軽く飛ぶようです。

    正常な左側。
    IMG_3693.jpg

    止め輪自体は無事だったので再度組みなおして左右でアジャスターを比較してみました。
    IMG_3695.jpg
    全緩め位置で明らかに長さが異なります。
    「Burrito本体のバネ長さといい、かなりええ加減やね・・・」とつぶやきつつ、とりあえず状態をチェックします。

    左右のどちらとも調整部のネジピッチは1.5㎜で同じ。
    アジャスター本体取り付け用の座面からのネジ部の底までが17㎜。ベアリング部が4㎜(ベアリング部はカラーの溝に入る)。
    このあたりの出来は左右で同じだったので、単純に右側の方が調整部が短く、2㎜強(1.5ピッチ)調整範囲が狭いようです。
    「標準(全緩めから6回転締め)より締め込むことは殆どないだろうし、まあ、多少調整範囲が狭くてもええか」と諦めて、全緩めより1回転だけ締め込んだ位置にアジャスターをセットしました。(全緩めだと、せっかくのベアリングが効果を失うと思われるため)

    んで、リア。
    車載工具のフックレンチを取り出してリアのプリロードアジャスターを回そうとしますが・・・ナメちゃって回りません(^^; さすがは車載工具です。
    しゃーないので近所のホームセンターでフックレンチを買ってきました。
    ナットのサイズを計るのを忘れてましたが・・・φ65‐70用のレンチでとりあえず回せてます。

    フロント、リア共にプリロードを最弱(フロントは1回転締め)としてお山を走ってみましたが、装備重量80kgだとリアが下がり過ぎてフロントの荷重が十分でなくフロントの接地感が希薄です。正直怖いレベルで、いつもの調子でフロントブレーキ掛けると何気なくABSが作動します(^^;
    私の体重だと、リアをここまで下げるとフロントの突き出しを増やさないダメっぽいです。
    それでも恐々と試すと・・・リアは良く動くんですが、バタつくというか収まりが悪く収まるまで次の動作を待つ必要があります。
    フロントは接地感が希薄でバンクさせていくとあるところから切れ込む感じもあり、ペースを上げのに不安を感じます。
    怖かったのも大きいんですが、無理してペース上げても車高が下がってるので派手にステップガリガリするだけですので(^^;、最弱セッティングはそうそうに諦めて、リアのプリロードを掛ける方向で調整していきました。

    リアは2段づつプリロードを掛けていきましたが、やっぱ減衰が足りてないようで、ある程度締め込んで動きを殺した方が安定します。リアにオーリンズでも入れてやれば、もっとプリロードを抜いた「良く動くリアサス」を実現できそうですが、純正では固めた方が具合がいいようです。
    最終的にリアは以前と同じ4段目(標準の3段より一段締め)、フロントは全緩めより4回転締め(標準の6回転より2回転緩め)に落ち着きました。
    フロントは軽くコツコツした感じもあるので、2回転分(3㎜)突き出して6回転緩め(標準)とするとフロントがもう少しまろやかになって良いかもしれません。

    上記、あくまで私の好みで、装備重量80㎏、速度域も3桁に達しない比較的タイトコーナー主体の峠でのセッティングです。

    125 Duke オイル交換

    MT-07と同時にオイル交換です。
    前回から6か月、1,300㎞での交換です。(ODO 14,500㎞)
    IMG_3683.jpg
    さすがに1,300㎞だとオイルも綺麗で粘度もOKです。MT-07のついでとは言え、ちょっと勿体なかったかも(^^;

    IMG_3682.jpg
    ストレーナーも今までに比べると綺麗なものでした。新車時に比べると、鉄粉の付着は劇的に減ってます(^^;

    オイルはいつものMotorex Power Synt 4T 10W-50です。

    おまけで・・・
    IMG_3677.jpg
    雨が降ったあとは派手に曇ります・・・とりあえず騙し騙し使います(^^;

    IMG_3690.jpg
    IMG_3691.jpg
    Fフォークの油にじみ。これは新車時から変わってません。
    シール交換したらさらに漏れそうな気がして、「多少なら錆びなくていいか」ってことで放置中(^^;

    IMG_3692.jpg
    リアは未だに漏れはありません。


    GPR300 6500km

    GPR300、気が付いたら6,000㎞を超えてました。(ODO 14,500㎞)
    まだまだ5分溝程度で、余裕で10,000㎞は超えそうです。
    なお、125Dukeでお山に行く機会はめっきり減って、ほぼ通勤Onlyです。

    リア
    IMG_3684.jpg
    センターの髭溝は完全に消えましたが、サイドはなんとか残ってます。

    フロント
    IMG_3688.jpg
    センターの髭溝がようやく消えてかけてきてます。スリップサインが出るまで粘れば20,000㎞近くいけるかも??
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。